モミジバフウ並木の剪定

今年も大松第小学校を見下ろすモミジバフウ並木の紅葉を多くの人が散策しながら楽しんでいました。樹型の揃った並木は、毎年行われる、街路樹剪定士認定試験で剪定をしてくれるのできれいな樹型になっています。剪定後は、枝ぶりが幾何学的で紅葉とは違った風景が楽しめます。本年は、11月30日、12月1日に実施され見学していましたが、枯葉が残っている木に当たった職人は時間内で終わらず木により運不運があるようです。最近は、若い女性の植木職人も参加しており、男の職場への女性の参加が多いようですね、いいことです。

%e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%98%ef%bc%90%ef%bc%92%e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%98%ef%bc%90%ef%bc%93